売却の疑問にお答えします!物件売却コラム★媒介契約編3★

「物件を売りたいけど、初めての売却で何から始めたらいいのか分からない…」

「思いの詰まった我が家、高く売りたいけど、その為にはどうしたらいいの?」

そんな売却のお悩みにお答えします!

今回は前回に引き続き『媒介契約の違いについて』!

_________________

 

woman_question

 

 

 

 

 

 

 

前回、一般媒介は複数社に売却を依頼できることをご紹介しました。

それでは、専任媒介はどのような契約なのでしょうか?

 

専任媒介とは・・・

一社のみに限定して売却をすることになります。

専任で契約をした場合、業者は自分の会社でしか取り扱っていない物件のため

独占して市場に掲載することができます。

 

一般の場合、他社で決まると報酬は一切入ってきませんが、

専任ですとライバルがいないため、売主様からの仲介手数料を必ずもらえます。

悪い販売状況を伝え、値引きを促し、

とにかく早く売却させる、という事例もございます。

 

売主様にメリットの多い一般媒介に対し、

専任媒介は『業者にメリットの多い契約』と言えるでしょう。

 

 

woman_think

 

 

 

 

 

 

 

「業者にメリットのある専任なら、その分、販売活動にも熱を入れてもらえるのでは?」

「名の知れた大手に、専任で依頼したほうが早く売れるのでは?」

 

…そうお考えの方もいらっしゃると思います。

 

しかし、複数社に依頼し、各社を比較検討しながら販売活動を進めることが、

売主様の希望額で、納得して売却を成功させる

ということへの近道ではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか?

一口に『媒介契約』といえど、どちらを選ぶかによって

内容は異なってくることがお分かりいただけたかと思います。

 

「媒介契約の違いは分かったけど、結局どこにお願いすれば…」

次回より『納得できる売却依頼先の選び方』についてご紹介します!